アクキーとラバーストラップのコンビネーション

アクキーをクリアのラバーストラップガードで保護する人がいます。正直、アクキーとラバーストラップガードのサイズが大きく異なってしまうこともあるために、この方法での保護はあまり好きではないと感じる人もいます。しかしこの2つのコンビネーションでしか行えない、アクキーのおしゃれ法が存在します。それはアクキーのバックに紙を入れ、アクキーを引き立てるというものです。
たとえばラバーストラップガードの大きさにカットした和紙をその中に入れ、アクキーのバックとします。そうすることで和の雰囲気が醸し出されます。また最近では幾何学模様などのデザインが施された折り紙が販売されています。このようなものをラバーストラップガードの大きさに切ってアクキーのバックとすれば、可愛らしさの中にミステリアスな雰囲気を醸し出すアクキーが出来上がります。
その他にもラバーストラップガードに枠を付けたりすれば、写真立てのようなおしゃれなアクキーとすることが出来ます。このようにラバーストラップガードの良さを利用すれば、アクキーの様々な顔を引き出すことができるのです。

可愛いアクキー

アクリルキーホルダーを略してアクキーといいますが、そのアクキーはいろんな種類があって魅力的です。可愛いキャラクターものから、ちょっとなつかしのものまであるので、自身の好きなものを購入してみるのも楽しいでしょう。世界にひとつしかないオリジナルのキーホルダーをつくるのも楽しいでしょうから、アクキーにハマる人たちは少なくありません。カバンや携帯につけるのも良いでしょうし、アクキーがあると生活が楽しくなるかもしれません。

人気のアクキーのことを知りたい方であれば、アクキー専門店をネットで調べてみましょう。可愛いキャラクターのアクキーをつくってもらいませんか?もちろん、自分自身でアクキーをつくってみるのもおすすめです。自分の好きな作品をモチーフにしたり、楽しむのも最高ですよ。アクキーにはいろんな楽しみ方があるので、かなり人気です。いっぱい可愛いアクキーをつくって飾るのもおすすめなので、あなたも部屋に飾ってみてはどうでしょうか。

アクキー作りの流れ

アクキーを自分で製作するにあたりまずどうすればいいのか?特に手軽に作るのであれば身近なお店にある100円ショップで材料を取り揃えるということも可能になっています。では何が必要になってくるのかについてですがプラパン、これはその昔プラモデル屋さんによく置かてたプラスチックでできた板です。続いてキーホルダー金具とレジン・トップコートかです。ただこれだけでも費用面ではかなりお得になってるのは嬉しいところではありますが他にも道具としてはハサミとかトースターとか厚い本などは自宅にあると思いますのでアルミホイルや画材や図案とか用意しましょう。作り方に関してはプラパンに図案を描き写し絵で描いていきます。後はプラパンをカットして色を塗りトースターで焼き4分の1ほどになれば完成となるのですが実際にやる場合はもっと詳しく説明を見た方が分かりやすかもしれません。ともかく流れとしてはこんな感じでアクキーを作っていくことになります。

異動する後輩にアクキーをプレゼントしました

女性にプレゼントするものとして、何が良いのか考えあぐねていた私。色々と迷った末に見つけ出したのが、可愛らしいキャラクターの印刷されたアクキーだったんですよね。
あ、ちなみにその女性とは職場の後輩です。異動になるということで送別会を開くことにしたのですが、どうせなら簡易的なプレゼントでもしようかと選んでいたわけですね。アクキーであればそんなに高くもありませんし、机の上に飾ってもらうだけでも見栄えがします。ですので、丁度良いかなと思ったわけですね。
さて、実際に渡した時の反応ですが、これが意外にも良かったんですよ。普通に可愛らしいキャラクターのアクキーだったので、特に拒否されることも無くて良かったです。
ちなみにその後輩、異動した先の机でしっかりとこのアクキーを飾ってくれているようですね。そのアクキーがきっかけですぐに次の部署でも打ち解けたということなので、先輩としてアクキーをプレゼントして良かったと感じていますよ。

アクキーを作り続けた結果・・

割と工作が好きなので、今までいろんなオリジナルグッズを作ってきました。例えば、Tシャツとか、缶バッジとか、マグカップとか、身近な品物でなおかつ、簡単に材料集めができるものを作ってきました。が、正直言ってどれも素人丸出しの、要はクオリティの低い出来ばかりだったんですよね。とてもじゃありませんが、人様に見せるようなレベルではなく、結局ゴミとして処分するのが常でした。そんななか、ちょっとしたことがきっかけでアクキーを作ってみたところ・・。これがなかなかどうしてかなりの出来栄えでして、人生で初めて満足のいくモノづくりができたのでした。前述したように、今までは例え完成したとしても、人様に見せるようなレベルではありませんでしたし、なんというか、外で使うことに対して恥ずかしい気持ちの方が勝っていたんですよね。が、今回は、その逆。もっと人に見てもらいたい、どんどん外で使っていきたい、という気持ちが勝っています。そういう気持ちがあると次から次へと創作意欲が沸き起こってきて、結果、現在に至るまでに1000個以上のアクキーを製作しました。

自作でできるアクキーについて

キャラグッズなどは色々なものがあり、自分も好きなアニメの商品を集めているのですが、最近だとアクキーはかなり種類が増えてきているので集めたくなっちゃいますね。アクキーというのはアクリルキーホルダーのことなのですが、実は最近だと自作でも簡単にできるようになっており、特に同人サービスなどでも手軽に作れるグッズみたいですね。

自分もまあオタクの趣味を持っているのですが、アクキーはやはりお値段も手頃な感じであり、可愛らしいものが多いので手にとって見たくなりますね。自分は買う側のオタクなのですが、作る側にとっては一個200円程度で作れるということもあり、クオリティも高くなっているのが人気なのでしょう。最近だと3Dプリンターなどの技術の発展もあるそうですし、この手のグッズはどんどん手軽で精巧になっていくのでしょうね。アクキーも良いのですがラバーストラップも個人的には好きなものであり、バッグやスマホケースなどに多く付けて楽しんでます。

アクキーの最新情報をツィッターでチェック

新発売されるアクキーの情報をキャッチするのに役立ってくれるのが、情報収集ツールとして優秀なツィッターです。私はアニメが好きでグッズを買うこともあるのですが、そんなグッズの中で今一番注目しているのがキャラのデザインされたかわいらしいアクキーです。

今までにアクキーではないキーホルダーをいくつか買って持っているため、新しいアクキーを買う機会は今のところありません。ただ、アクキーの情報はとりあえず入手しておきたいですし、もしも今使っているキーホルダーが古くなってきたら買い替える予定です。ですから、アクキーの情報収集には余念がありません。

フォローしているアニメのアカウントが新しいアクキーを発売するとツィートしてタイムラインに表示されることがありますが、その時はとても注目してツィートをお気に入りにしています。それは、後で本格的に買う時の参考にしたいからです。新発売されるアクキーの最新情報をチェックするだけでも楽しいですが、できれば早く買いたいです。

アクキーの二次創作もアウトなのはどういうのか

これからアクキーを作って二次創作した物を販売したいと思っている人も普通にいます。ですが同じ二次創作でもどのキャラを二次創作するかでその結果がまるで違ってきます。

では実際にあるキャラの二次創作をしてアクキーを作る時は物によっては完全にアウトな事があります。なぜならアニメやキャラによっては完全に二次創作を許さないというのがあるからです。

特に誰もが知っているような有名なアニメのキャラの二次創作でアクキーを作るのはやめた方が良いです。

なぜならそういう事をしてもほぼ間違いなく著作権法違反になって訴えられてしまうからです。なので二次創作でアクキーを作りたいと思った時は二次創作が許される物をチョイスしていくのが大事です。

そうしないと著作権に違反してると言われる事になるので二次創作でアクキーを作る時はまずはそのキャラを使っても大丈夫かどうかしっかり見極めないといけないです。

そうしないとアクキーで二次創作をやっても大丈夫という事にはならないです。

業者でアクキーを作る場合の値段について

アクリルキーホルダーはアクキーとも呼ばれており、業者で作ることが可能です。主にイベントの記念品や企業の販促品、販売用のキーホルダーとして商業用に利用されていますが、小ロットでの注文や数個の注文でも問題なく対応してもらえます。
しかし数が少ないと、値段が高くなる気がしますよね。アクキーを作ってくれる通販サイトを見るとその値段が誰でも確認でき、少数でも数千円で製作できることが分かります。もちろん数が多いほど、単価が安くなりますから大量発注すれば割安に製作できます。
アクキーは付属するアタッチメントの種類や、両面と片面印刷の条件によっても値段が違ってきます。また印刷するデータを業者で調整してもらうは、プラスアルファの代金が発生します。さらにアクキーのサイズによっても、費用は変わってきます。
もしアクキーを台紙や専用の袋に入れて準備したい場合は、それらの対応も業者で行ってくれ、その場合も費用が発生します。台紙への印刷もお願いすれば対応してくれます。

アクキーを好みの物で作ってみた

好きな人のライブとか好きなアニメとかとにかく人それぞれで好きなことがあるかと思います。私も好きなアーティストがいてその人のアイテムとかとにかくライブに行けば手に入れるわけですけどこの世に一つしかないロゴ入りマークとか作りたいなとか考えることもあったんです。で、アクキーを作ってみたくなり基本的に物を作ることは大好きなタイプなので挑戦してみることにしたんです。まずは作り方を調べていくわけですがアクキーに必要な道具としてプラバンとかハサミとかオーブントースターとか見てるとある程度持ってる物と購入しなければいけない物があり早速用意しました。作り方は好きな人のロゴマークを描きそれを切り取りトースターに4/1程度になるまで温めます。当初は出来上がったのをみて大失敗しましたけれど何度かやってるうちに上手くできたんです。ただ物作りが好きと言っても不器用さがありますので失敗は仕方ないとして何度もやればできるものなんだなと思いつつまたアクキーに挑戦したいと思います。